切り替えあり上履き入れの作り方

2019年11月4日上履き入れ・シューズケース

入園・入学グッズの基本の3点セットの1つに上履き入れ・シューズケースがありますね
お子さんが好きな柄を一緒に選んでお気に入りの上履き入れを手作りしてみませんか?
今回は、基本の形で2種類のキルティング生地を組み合わせて上下切り替えありの上履き入れ・シューズケースの作り方を紹介します。

切替え上履き入れ 完成

出来上がり寸法:約29cm×21.5cm×5.5cm 14cm(持ち手部分)
※平置きで実寸サイズを採寸しております。手作りのため若干の誤差が生じる場合がございます。

スポンサーリンク

材料

  • キルティング生地…30cm
    生地は丈夫で子どもたちにも扱いやすい適度に厚みのあるキルティング生地がおすすめです。
    生地の幅は90㎝~120㎝がほとんどなので定員さんに「30㎝下さい」と言うと、たての方向にカットしてくれます。
  • キルティング生地(切替布)…30cm
  • アクリルテープ 2.5cm幅…43cm
    持ち手部分に使用 33.5 cm×1本・9.5cm×1本
  • Dカン 2.5cm幅…1個
  • 生地の色と近い色のミシン糸

作り方

生地を裁断します。

出来上がり寸法:約29cm×22cm×7cmから ごく普通の上履き22㎝のサイズまで入りました。
お子さまの上履きサイズに合わせて調整してくださいね。

切替え 裁断   

布の周囲を裁ち目かがりで端処理をする。

布端がほつれないようにするため、布の周囲に裁ち目かがりで端処理をします。
ミシンに裁ち目かがりの機能がない場合は、ジグザグミシンでも大丈夫です。
ロックミシンがあるともっと良いですね

切替え上履き入れ 裁ち目かがり

切り替え部分を縫い合わせます。

真ん中に切り替え布をはさみ、縫いつなぎ合わせます。
つなぎ合わせたら縫い代を切り替え布側に倒してアイロンを当てます。

切替え上履き入れ 布挟む   切替え上履き入れ 倒し

表生地の上から縫い代を押さえるように縫い目から2~3mmのところにステッチをかけます。

切替え上履き入れ ステッチ作業   切替え上履き入れ ステッチ

両サイドを縫い合わせます。

生地を2つ折りにし切り替え部分をピタリと合わせて、ズレてしまわないように縫い代をマチ針やしつけ縫いで固定します。
両サイドを縫い合わせて、縫い代をアイロンで開きます。

切替え上履き入れ 両サイド

マチを作ります。

マチとはバッグの厚み、奥行きのことです。
角を三角に折って中心を合わせて、しるしを付け、端から6㎝を縫います。

切替え上履き入れ マチ

持ち手をつけます。

バッグの中心部分、端から約10.5㎝の位置にアクリルテープをつけます。
ミシンをかけやすいようにテープの先を1㎝、生地に仮止めをし固定をすると縫いやすくなります。
完成までもうすぐです。頑張って!

簡単上履き入れ 仮止めD   簡単上履き入れ 仮止め
(上記画像は”簡単上履き入れ”になります。テープの色は違いますが工程は同じになりますので参考にしてください)

縫い代を2.5㎝に折りアイロンをかけ、生地の端から2~3mm内側をぐるっと1週、バッグの入り口部分を縫います。

切替え上履き入れ 持ち手   shoes-bag-drawing2

持ち手部分を強固、形を整えます。

持ち手部分のテープを上へ折り、テープの先1㎝をテープと布の間に挟みこんで縫い付けます。
しつけ縫いをして止めると縫いやすくなります。

切替え上履き入れ 強固   切替え上履き入れ 強固はさみ

完成

完成しました~!

切替え上履き入れ

持ち手部分を作るときは、少し手こずった部分もあったかもしれませんが、完成できましたでしょうか?
入園・入学、おめでとうございます。これからの学校生活が楽しい毎日で過ごせますように…

スポンサーリンク

2019年11月4日上履き入れ・シューズケース

Posted by チャコ