簡単にできる上履き入れの作り方

2019年9月18日上履き入れ・シューズケース

入園・入学グッズの基本の3点セットの1つに上履き入れ・シューズケースがありますね
子どもたちの大好きなプリント柄で作ってあげれば、きっと毎日の通園通学が楽しくなりそう!
今回は、基本の形でDカンに持ち手を通して使う上履き入れ・シューズケースの作り方を紹介します。ぜひチャレンジしてみてくださいね。簡単上履き入れ 完成

出来上がり寸法:約29㎝×21.5㎝×5.5㎝ 14㎝(持ち手部分)
※平置きで実寸サイズを採寸しております。手作りのため若干の誤差が生じる場合がございます。

スポンサーリンク

材料

  • キルティング生地…30㎝
    生地は丈夫で子どもたちにも扱いやすい適度に厚みのあるキルティング生地がおすすめです。
    今回は30㎝に切ってもらった1枚の生地を「わ」にして作ります。
    柄の向きなどによって絵柄が逆になったりズレたりします。絵柄が色んな方向に向いている総柄の生地をおすすめします。
  • アクリルテープ 2.5cm幅…43㎝
    持ち手部分に使用 33.5 ㎝×1本・9.5㎝×1本
  • Dカン 2.5㎝幅…1個
  • 生地の色と近い色のミシン糸

作り方

生地を裁断します。

出来上がり寸法:約29㎝×22㎝×7㎝から ごく普通の上履き22㎝のサイズまで入りました。
お子さまの上履きサイズに合わせて調整してくださいね。
通常、生地は縦方向に採寸し裁断しますが、今回は絵柄の向きが色々な方向を向いていて仕上がりに影響しないため横方向に裁断しました。
生地に余裕のある場合は縦方向に裁断してくださいね

簡単上履き入れ 裁断shoes-bag-drawing1
※「わ」とは生地を2つ折りにした折り目部分のことです。

生地の周囲を裁ち目かがりで端処理をする。

布端がほつれないようにするため、布の周囲に裁ち目かがりで端処理をします。
ミシンに裁ち目かがりの機能がない場合は、ジグザグミシンでも大丈夫です。
ロックミシンがあるともっと良いですね

簡単上履き入れ 裁ち目かがり

両サイドを縫い合わせます。

ミシンをかける前に布同士がズレてしまわないように生地を2つ折りにし、両サイドの縫い代をマチ針やしつけ縫いで固定します。
両サイドを縫い合わせて、縫い代をアイロンで開きます。

簡単上履き入れ 両サイド   簡単上履き入れ アイロン

マチを作ります。

マチとはバッグの厚み、奥行きのことです。
角を三角に折って中心を合わせて、しるしを付け、端から6㎝を縫います。

簡単上履き入れ マチ

持ち手をつけます。

バッグの中心部分、端から約10.5㎝の位置にアクリルテープをつけます。
ミシンをかけやすいようにテープの先を1㎝、生地に仮止めをし固定をすると縫いやすくなります。
完成までもうすぐです。頑張って!

簡単上履き入れ 仮止めD   簡単上履き入れ 仮止め

縫い代を2.5㎝に折りアイロンをかけ、生地の端から2~3㎜内側をぐるっと1週、バッグの入り口部分を縫います。

簡単上履き入れ 持ち手   shoes-bag-drawing2

持ち手部分を強固、形を整えます。

持ち手部分のテープを上へ折り、テープの先1㎝をテープと布の間に挟みこんで縫い付けます。
しつけ縫いをして止めると縫いやすくなります。

簡単上履き入れ 強固   簡単上履き入れ 強固はさむ

完成

完成しました~!

簡単にできる上履き入れの作り方持ち手部分を作るときは、少し手こずった部分もあったかもしれませんが、完成できましたでしょうか?
入園・入学、おめでとうございます。これからの学校生活が楽しい毎日で過ごせますように…

スポンサーリンク

2019年9月18日上履き入れ・シューズケース

Posted by チャコ