簡単にできる体操着入れ・巾着袋の作り方

2019年12月25日体操着入れ・ナップサック

みなさんのまわりでは体育の時間に着る服のことを何と呼びますか?
ネットと調べると体操着(服)体育着(服)運動着(服)など呼び名があって、どれも同じ意味合いになるそうですが、地域や先生によって呼び方が違ってくるようですね
ちなみに私のまわりでは「体育着」と呼びます。

そこで今回は入園・入学グッズの基本の3点セットの1つ、簡単にできる体操着袋(巾着袋)の作り方をご紹介します。
(ここではネットで呼び名の多かった体操着で書きたいと思います。)

簡単体操着入れ・巾着袋 完成

出来上がり寸法:約35×30
※平置きで実寸サイズを採寸しております。手作りのため若干の誤差が生じる場合がございます。

スポンサーリンク

材料

  • 生地(オックス、綿キャンバスなど)…50㎝
    生地の幅は90㎝~120㎝がほとんどなので定員さんに「50㎝下さい」と言うと、たての方向にカットしてくれます。
  • ひも…1m60㎝
    80㎝×2本
  • 生地の色と近い色のミシン糸
  • ループエンド…2個
    紐の結び目のほつれ防止と可愛く仕上げるための飾りつけとして付けてみました。お好みで用意してくださいね。

作り方

生地を裁断します。

生地屋さんで50㎝に切ってもらった生地を生地の向きに合わせて縦方向に裁断します。

簡単体操着入れ・巾着袋 裁断   

両サイドを裁ち目かがりで端処理をする。

布端がほつれないようにするため、両サイドに裁ち目かがりで端処理をします。
ミシンに裁ち目かがりの機能がない場合は、ジグザグミシンでも大丈夫です。
ロックミシンがあるともっと良いですね

簡単体操着入れ・巾着袋 裁ち目かがり   簡単体操着入れ・巾着袋 裁ち目かがりup

底になる部分を縫い合わせます。

生地2枚を表どうしに合わせて、底になる部分をミシンで縫いつなぎ合わせます。
つなぎ合わせたら縫い代を2枚一緒に裁ち目かがり又はジグザクミシンで端処理をします。

簡単体操着入れ・巾着袋 底   簡単体操着入れ・巾着袋 底つなぐ

縫い代をどちらか片側に倒してアイロンを当てます。
表生地の上から縫い代を押さえるように縫い目から2~3㎜のところにステッチをかけます。

簡単体操着入れ・巾着袋 押さえミシン   簡単体操着入れ・巾着袋 ステッチ

両サイドを縫い合わせます。

巾着の入り口部分から7.5㎝の位置に印をつけ(あき止まり)生地を2つ折りにし、あき止まりから下をミシンで縫います。

簡単体操着入れ・巾着袋 両サイド

あき口を作ります。

両サイドの縫い代を2つに割ってアイロンをかけ、あき口部分をコの字にミシンで縫います。
反対側も同じように縫います。

簡単体操着入れ・巾着袋 あき止まり

入り口部分を三つ折りにし、ひも通し部分を作ります。

巾着の入り口部分を1㎝に折り、さらに2.5㎝幅にアイロンで折ります。

簡単体操着入れ・巾着袋 三つ折り1㎝   簡単体操着入れ・巾着袋 三つ折り2.5㎝

1㎝の折り目から2~3㎜ところをミシンで縫います。

簡単体操着入れ・巾着袋 入り口

ひもを通します。

1本のひもをひも通しに通します。反対側からもう1本のひもを通します。
2本一緒にループエンドを通してひもの先を結んで完成です。

簡単体操着入れ・巾着袋 紐

完成

完成しました~!

簡単体操着入れ・巾着袋 完成

体操着袋・お着替え袋の作り方をご紹介しました。
無事に完成しましたでしょうか?
入園・入学、おめでとうございます。これからの学校生活が楽しい毎日で過ごせますように…

スポンサーリンク

2019年12月25日体操着入れ・ナップサック

Posted by チャコ