簡単にできるお弁当袋とコップ袋の作り方

2019年12月17日バッグ・小物

子ども達にお食事の時間がもっと楽しくなるよう手作りのお弁当袋とコップ袋を手作りしてみませんか
さて今回は巾着タイプのお弁当袋とコップ袋の作り方をご紹介します。

お弁当袋もコップ袋も巾着タイプで作り方は同じですがマチの作り方が違ってきますので2つのパターンでご紹介しますね
基本の形で1枚の生地で出来ますのでチャレンジしてみてください。

簡単お弁当袋とコップ袋 完成

出来上がり寸法
お弁当袋:18cm×27cm×12cm コップ袋:20cm×16cm×8cm
※平置きで実寸サイズを採寸しております。手作りのため若干の誤差が生じる場合がございます。

スポンサーリンク

材料

  • 生地(オックス、綿キャンバスなど)…60cm
    生地の幅は90㎝~120㎝がほとんどなので定員さんに「60㎝下さい」と言うと、たての方向にカットしてくれます。
  • ひも…2m
    お弁当袋:70㎝×2本 コップ袋:60㎝×1本
  • 生地の色と近い色のミシン糸
  • ループエンド…2個
    紐の結び目のほつれ防止と可愛く仕上げるための飾りつけとしてお弁当袋に付けてみました。お好みで用意してくださいね。

作り方

生地を裁断します。

生地屋さんで60㎝に切ってもらった生地を生地の向きに合わせて縦方向に裁断します。

お弁当袋の場合

   

コップ袋の場合

   

※「わ」とは生地を2つ折りにした折り目部分のことです。

両サイドを裁ち目かがりで端処理をする。

布端がほつれないようにするため、両サイドに裁ち目かがりで端処理をします。
ミシンに裁ち目かがりの機能がない場合は、ジグザグ縫いでも大丈夫です。
ロックミシンがあるともっと良いですね

   

両サイドを縫い合わせます。

お弁当袋の場合

巾着の入り口部分から7.5㎝の位置に印をつけ(あき止まり)生地を2つ折りにし、あき止まりから下をミシンで縫います。

コップ袋の場合

コップ袋は片ひも引きになるので、片側に入り口部分から6㎝の位置に印をつけます。(あき止まり)
生地を2つ折りにし、マチを作るため底の部分から上に4㎝折りあげます。
折り上げたまま両サイドを縫います。
片側は端から端まで縫い、もう片側は、あき止まりから下をミシンで縫います。

あき口を作ります。

お弁当袋の場合

両サイドの縫い代を2つに割ってアイロンをかけ、あき口部分をコの字にミシンで縫います。
反対側も同じように縫います。

コップ袋の場合

コップ袋は片ひも引きになるので、片側だけ両サイドの縫い代を2つに割ってアイロンをかけます。
あき口部分をコの字にミシンで縫います。

   

お弁当袋のマチを作ります。

角を三角に折って底になる部分の折り目両サイドの縫い目を中心に合わせ、しるしを付け端から12㎝を縫います。

入り口部分を三つ折りにし、ひも通し部分を作ります。

巾着の入り口部分を1㎝に折り、さらに2.5㎝幅にアイロンで折ります。(コップ袋は2㎝幅)

   

1㎝の折り目から2~3mmところをミシンで縫います。

   

ひもを通します。

お弁当袋の場合

1本のひもをひも通し口から通します。反対側からもう1本のひもを通します。
2本一緒にループエンドを通してひもの先を結んで完成です。

コップ袋の場合

1本のひもをひも通し口から通し、2本一緒にひもの先を結んで完成です。

完成

完成しました~!

スポンサーリンク

2019年12月17日バッグ・小物

Posted by チャコ